美しい広島の尾道へもう一度レンタカーで行ってみたい!

広島でも人気の街とされる尾道はお寺の街、そして街全体を形成している坂の街としてもよく知られている人気の街です。

其の尾道が全国的にも有数の寺院の街でもある証として、何と国の重要無形文化財としての指定されている古刹が凡そ四十社寺も鎮座しているとされています。

街中のいたる所に仏堂や社殿が存在するということは、それ自体が街並みとして雰囲気のいい美しい自然や環境を生みだしていて、其れは即ち古い歴史を重ねた結果の美観を創り出していると言ってもいいでしょう。

それは取りも直さず文人や作家が気に留める街となって、例えば志賀直哉の「暗夜行路」や林芙美子の「放浪記」などの著名な文学作品を生み出し、又、昭和の初期に小津安二郎監督による映画の「東京物語」や尾道出身の大林宣彦氏監督による地元を描いた映画が制作されています。 尚、「東京物語」のリメーク版としてその後も映画やテレビドラマ、其れに舞台にもなっています。

又、尾道は情緒ある坂の町、階段のまちとしてもよく知られています。

ただ、一般の旅行者や観光客などは、此等の雰囲気ある階段の街に旅情を感じるし、其れはそれで尾道の観光資源にもなってはいるらしいのです。

然しながら、これが実際の地元でのお住いの方や生活面においては実は大変苦労しているらしいのです。

近年では高齢化社会の影響もあって買い物にしても、我が家に車を置くにしても駐車場の確保が実際は大変らしいのです。

又、坂道や階段というのは家の売却もままならず、近年では空家や売家などが相当にあるらしく、中には「此の家、タダでさしあ上げます」といったところもあると言われます。

地元の人は気持ちを込めて言うそうです「ここに住むには、其れなりの覚悟が必要だよ」と。

私は以前に尾道を旅したことがあるのですが、当時は良い街だなという感激だけが残る印象的な街だったのですが、地元の人にはそれなりの苦労があったのを知りませんでした。

当時はまだ若く、学生時代だったので広島空港を降り立ち、レンタカーを借りて広島観光をして尾道へ行きました。

車で周るのが一番良いと思ってレンタカーを借りて広島をドライブ観光したのですが、本当に最高の旅になった記憶が今でも忘れられません。

当時はレンタカー広島空港という予約サイトでレンタカーを借りたのですが、今でもそのサイトがあることを知り、少しビックリしています。

再び、広島の尾道を訪れることもあるかとは思いますが、懐かしいので又、そのサイトを利用して広島空港でレンタカーを借りて行ってみたいと思っています。

いつになるかは分かりませんが、今から楽しみにその時を待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です