福井駅のレンタカーで恐竜博物館へレッツゴー!

この間、福井の勝山にある恐竜博物館へ行って来ました。

以前から行きたいと思っていたのですが、中々、時間に余裕がなくて、ずーっと後伸ばしになっていたんですが、やっと行くことが出来ました。

経路は電車で福井駅まで行ってそこでレンタカーを借りて恐竜博物館へのドライブ旅行です。

福井駅を出発して国道416号線(勝山街道)を延々と走りたどり着いたのが勝山にある恐竜博物館でした。

やはり休日ともあって駐車場もなく、離れた町営の駐車場に車を止めてシャトルバスで恐竜博物館に行きました。

そこには何体もの恐竜の化石などが飾られていて迫力満点の気分を十分に味わうことが出来てとても楽しかったです。

そして一日を過ごして帰ってきたという分けですが、レンタカーにして本当に良かったと思っています。

というのは途中で有名な永平寺にも立ち寄ることが出来たし、ドライブ中に見つけた美味しい越前そばも堪能することが出来たからです。

自由に好きなところへ行けるという点ではレンタカーは最適だと思いました。

そんな福井駅のレンタカーですが、私たちはレンタカーの予約サイトを利用して借りるようにしたんです。

その理由は気に入ったレンタカーが格安で借りられるのがネットの予約サイトの最大の魅力だからです。

レンタカー福井駅と検索するとあっという間に、福井駅の格安の気に入ったレンタカーを調べて予約することが出来るので大変に便利なんですよ。

皆さんも是非一度利用してみることをおすすめします。

40代の老眼が一番多いのではないでしょうか。

私は若い時から下手の横好きで、手芸の類が好きでした。

道具や本を買い込むのが趣味だったのでしょうか。

最近ようやく時間を作ることができたので、どれ一つ編んでみようとレース編みをしてみたら・・・

目が疲れてかすんで、その不調が出るので全然楽しくないんです。

試しに読書もしてみたら、やっぱり目が疲れるというか滑るというか、若い時のように時間を忘れて読書に没頭・・・ということがもうできないんだなと自分の老化を初めて感じました。

老眼でそれを感じる人って結構多いのではないかと思います。

気持ち、体力、見た目は本人の努力で保つことがある程度できますが、機能の低下というのはこれはどうしようもないと受け入れました。

周りに老眼について聞いてまわったところ、自分は30代後半から気がついてて40代で老眼鏡買ったよという意見がちらほら出てきました。

共通しているのは、元々の視力がいい人ということでした。

一方、私は近眼なので遠くのものが見えないのでメガネやコンタクトレンズで対応していたのですね。

家にいる時は裸眼でしたが、近くのものも特別見えにくいという状態も感じなかったのです。

で、私はもうすぐ40代になるのですが、もしも手芸をしようとしなければまだまだ自分が老眼になり始めているということに気がつかなかったままだと思います。

そういうわけで、早くから老眼になる人というのは、いち早く気がついた人ってことでもあるんですよね。

30後半ぐらいから、新聞が読みにくくなったなどで気がついたり、小さい字の本や手帳が見えにくいと感じたとかそういう話を聞きました。

無理をするよりは早めに・・・と老眼鏡を使うようにした人ばかりです。

以上のことから40代の老眼の人が多いんだなと思いました。

まあ知らない人からしたら、おしゃれでかけているのか、近視の人なのか、老眼鏡なのかなんてわかりませんし気にせず快適さのために老眼鏡を使う方がいいと思います。

健康診断でひっかかった知人のその後

知人が20代の始めに高血圧と診断されたそうです。

職場の健康診断で最高血圧が180になり、最低血圧も120をこえたため、すぐに指導の対象になったそうです。

彼は一人暮らしで仕事が多忙、家でも仕事をしていました。また色々やりたいこともあったため、いつも眠るのは3時過ぎ、睡眠時間は4時間から多くて5時間とのことでした。

食事にもあまり興味がないようで、昼間は職場の昼休みに近くの食堂などで定食を食べたりしていましたが、夜はスーパーやコンビニで買ったもので済ましていたようです。

当然栄養のバランスはあまりとれていませんでした。

彼は普段から身体のいたるところに不調を抱えていました。

胃腸などの内臓系にも不調がありましたし、腰痛や肩こりなどの症状もよく訴えていました。そのために薬は手放せず、毎日なにかしらの薬を飲んでいたようです。

彼は少し前に残念なことに脳内出血を起こし、亡くなってしまいました。

高血圧が原因の一端になっていたようです。

それ以外にも生活習慣やストレスなど、様々な原因が重なってこのような不幸な結果につながってしまったのでしょう。

せめて食事に気をつけていれば、睡眠をとっていれば、運動をしていれば…私達周囲の人間も残念でなりません。

高血圧はサイレントキラーとよく言われますが、その言葉を目の当たりにした悲しい出来事でした。

これを期に私は20代の高血圧は本当に恐ろしい病気なんだなと今でも思っています。

花粉症の鼻づまりを解消するには

花粉症の症状の中で、最も辛いものが鼻づまりです。

鼻づまりだと呼吸をするのも大変ですし、イライラが募ります。

鼻づまりを解消するには、ハナノアなどの鼻洗浄をするのも効果があります。

鼻洗浄をして鼻の内部を清潔に保つと鼻づまりも多少和らぎます。

ただこの方法だと、1日に何度も繰り返し洗浄しないと効果が持続することが出来ません。

1番鼻づまりを解消するのにベストなのは、鼻炎薬を使用することです。

鼻炎薬を使用する効果は大きくて、1日に2度くらい服用すれば鼻づまりを十分抑えることが可能です。

しかし、気をつけなければならないのは、鼻炎薬を服用すると眠くなりやすいものがあります。

ですから、仕事などで車の運転をする場合には、注意が必要です。

車の運転をする人が鼻炎薬を服用する場合には眠くなりにくいものを選択して服用する必要があります。

それから、家の中での鼻づまり対策としては、空気清浄機を活用するのが良いです。

空気清浄機で家の中の花粉を取り除くことが効果的です。

鼻づまりの原因は花粉ですから、家の中の花粉を少しでも減らすことで鼻づまりを解消することが出来ます。

花粉症鼻づまりには、鼻の洗浄、鼻炎薬を服用すること、空気清浄機を活用する事が大切です。

美しい広島の尾道へもう一度レンタカーで行ってみたい!

広島でも人気の街とされる尾道はお寺の街、そして街全体を形成している坂の街としてもよく知られている人気の街です。

其の尾道が全国的にも有数の寺院の街でもある証として、何と国の重要無形文化財としての指定されている古刹が凡そ四十社寺も鎮座しているとされています。

街中のいたる所に仏堂や社殿が存在するということは、それ自体が街並みとして雰囲気のいい美しい自然や環境を生みだしていて、其れは即ち古い歴史を重ねた結果の美観を創り出していると言ってもいいでしょう。

それは取りも直さず文人や作家が気に留める街となって、例えば志賀直哉の「暗夜行路」や林芙美子の「放浪記」などの著名な文学作品を生み出し、又、昭和の初期に小津安二郎監督による映画の「東京物語」や尾道出身の大林宣彦氏監督による地元を描いた映画が制作されています。 尚、「東京物語」のリメーク版としてその後も映画やテレビドラマ、其れに舞台にもなっています。

又、尾道は情緒ある坂の町、階段のまちとしてもよく知られています。

ただ、一般の旅行者や観光客などは、此等の雰囲気ある階段の街に旅情を感じるし、其れはそれで尾道の観光資源にもなってはいるらしいのです。

然しながら、これが実際の地元でのお住いの方や生活面においては実は大変苦労しているらしいのです。

近年では高齢化社会の影響もあって買い物にしても、我が家に車を置くにしても駐車場の確保が実際は大変らしいのです。

又、坂道や階段というのは家の売却もままならず、近年では空家や売家などが相当にあるらしく、中には「此の家、タダでさしあ上げます」といったところもあると言われます。

地元の人は気持ちを込めて言うそうです「ここに住むには、其れなりの覚悟が必要だよ」と。

私は以前に尾道を旅したことがあるのですが、当時は良い街だなという感激だけが残る印象的な街だったのですが、地元の人にはそれなりの苦労があったのを知りませんでした。

当時はまだ若く、学生時代だったので広島空港を降り立ち、レンタカーを借りて広島観光をして尾道へ行きました。

車で周るのが一番良いと思ってレンタカーを借りて広島をドライブ観光したのですが、本当に最高の旅になった記憶が今でも忘れられません。

当時はレンタカー広島空港という予約サイトでレンタカーを借りたのですが、今でもそのサイトがあることを知り、少しビックリしています。

再び、広島の尾道を訪れることもあるかとは思いますが、懐かしいので又、そのサイトを利用して広島空港でレンタカーを借りて行ってみたいと思っています。

いつになるかは分かりませんが、今から楽しみにその時を待っています。

高知空港でレンタカーを借りるのがおすすめですよ!

高知県に旅行へ行ったことのあるこの私が高知県について紹介します。

高知県は四国の南に位置し太平洋に面した県であります。

西側には四万十川が流れ、マイナスイオン効果抜群の大自然に心癒されること間違いないところです。

高知県の名物は何と言ってもカツオですね。え?これは当たり前の常識ですよね。

ここでもう一歩踏み込んだ情報があります、それはカツオの中でも内臓である酒盗(しゅとう)が抜群に美味しいんです!

これは、イカの塩辛に似た味ですが、癖になる味付けで、もう、口に運ぶたびに頬がとろけます。

お口の中が幸せの宝庫になります。

高知県でとれた新鮮なカツオの内臓はお酒好きにはたまらないと思います。(笑)

さらに、高知県の地酒、酔鯨(すいげい)と一緒に酒盗をのどへ流し込めばいくらでもイケますよ。

この酔鯨はほどよい辛口で本当に美味しいお酒です!

ですから飲みすぎの二日酔いには注意が必要です。

楽しいからといってゲロゲロのゲになっちまったらもったいないからです。このことはよく覚えておいてくださいね。

最後に、高知県のバーは美味しいお店が多いんです!

都会とは一味違ったお店の雰囲気でもてなしてくれる夜は最高です。

方言は、田舎っぽくなく大阪弁に近いような感じでした。

そんな高知へ私は飛行機を利用して行ったのです。

そして高知空港でレンタカーを借りて高知県の旅を楽しみました。

レンタカーはレンタカー高知空港というサイトで前もって予約して高知に行きました。

格安でレンタカーを借りることが出来たので、余ったお金で沢山の高知のお土産を買うことが出来たんですよ。

皆さんも高知を旅行するときにはこのレンタカーの予約サイトを利用すると良いと思いますよ。

 

産後の体質の変化で敏感肌になってしまった

一般的にホルモンバランスに変化が起きやすく、肌荒れしやすいと言われるのは思春期の頃ですが、私は思春期に肌の悩みを抱えたことはありませんでした。

しかし、20代中盤に出産をしてから肌質が変化してしまい、敏感肌になってしまいました。

産後の疲れや、その後すぐに始まる休みなしの育児に疲れが溜まりホルモンバランスが崩れてしまった事が原因なようですが、人生で初めての大量の酷いニキビに悩まされる事となりました。

小まめな洗顔や市販薬では効果を得られず、皮膚科にかかりましたが処方された数種の塗り薬も即効性はなく、抗生剤も飲みましたがそれでも次々にニキビが出てきて、目の周りを除いて顔中に赤くはれたニキビが何個も出てきました。

結局、半年以上もの期間をかけて漢方薬を飲み続けたり、薬を塗って予防と治療を続けてやっと酷いニキビは収まりましたが、いまだに疲れが溜まったりすると大きなニキビがいくつか出始めます。

その都度、皮膚科を受診して処方薬をもらう生活です。

そしてニキビだけではなく、市販の化粧品・化粧水も商品によっては反応してしまい痒みやヒリヒリした刺激を感じるようになってしまいました。

新しい化粧品や化粧水を使い始める時には、無添加の商品を選ばないといけなくなってしまったので、不便に感じます。

ビタミン肌荒れというお肌に良いというビタミンのサプリメントも飲むようにしています。

無添加のオーガニックな化粧品とこのビタミンのサプリメントで敏感肌が改善されることを祈っています。

肌につける化粧品には気をつけましょう!

私は敏感肌で肌がすぐにかぶれたり、赤くなってしまいます。

寒いとすぐに肌がカサカサになってしまいます。

私は化粧品でもすぐにかぶれてしまいます。

私はそれでも肌をきれいに保つために毎日朝と夜には化粧水や乳液をつけていました。

私はファッション誌に出てくるような高価な化粧水をつけていました。

値段が高ければ高いほど肌にいいものだと思っていたからです。

値段が高いものは良い香りがしますし使用していてとてもリラックス出来ました。

しかし、肌あれがひどくなってしまいました。

私は美肌に詳しい知人からアドバイスをもらいました。

これからは洗顔は無添加せっけんで洗うことと寝る前は肌には何もつけないことと言われました。

私は化粧水や乳液をつけないでいるなんて考えられませんでした。

余計に肌が荒れるのではないかと心配でした。

しかし知人のとてもきれいな肌を見て彼女が実践していてこれだけきれいな肌なら試してみる価値はあるなと思いました。

実際はじめの一週間は無添加せっけんで洗うと顔がつっぱってしまって違和感がありました。

しばらく使っていると肌がそれに慣れたのか何も感じなくなりました。

化粧水や乳液をつけないで寝ましたが肌荒れがなくなりました。

私はかえって色々肌につけて肌をいじめていたことに気づきました。

日焼け止めアレルギーにも拘わらずに無理に日焼け止めクリームを塗っていたことも今では反省しています。

それで今では日焼け止めクリームを塗ることは止めて飲む日焼け止めのサプリを利用しています。

化粧品には色んなものがありますが、肌につけて悪いものもあるので出来るだけオーガニックな無添加のものを使うように気をつけています。

 

 

仙台市は東北最大の都市

宮城県仙台市は東北地方のなかにある大都会です。

街の規模が大きく洗練されたお店も多くなんでも揃います。

仙台駅は新幹線の主要駅で利用客も多く常に賑わっています。

お土産ものも豊富で有名な萩の月や牛タン、海鮮もの、ずんだ味のお菓子など様々あります。

駅周辺は大きなビルが立ち並び、官庁街なので道も広く整備されきれいな街です。

少し歩けば仙台七夕も飾られるアーケードがあり、デパートやセレクトショップが入ってるので買い物も楽しめます。

また大通りの中央には広い遊歩道があり、大きなけやきが立ち並び圧巻です。

冬には大きなけやき一本一本に電飾がつけられ通り全体が壮大な光の森へと彩られ見ごたえがあります。

気候の良い日の大通りは、都会の中にいながら森の中にいるかのような木陰もあり散策に最適です。

仙台は太平洋側からすこし内陸に入ってるので、冬は厳しい寒さがありますが雪が積もることは少なく、夏も酷暑になることが少ないので東北の中でも比較的過ごしやすい土地です。

松島にも出やすく、仙台市内以外の観光も楽しめます。

震災以降も街は活気を忘れず、盛り上がっていこうと勢いが感じられます。そんななかでも控えめな県民性もあり穏やかな街の印象です。

又、仙台市は空からの便も充実しています。

仙台空港は東北で1,2を競う大空港です。

仙台空港にはレンタカーも充実しているので空港からレンタカーを利用する人も多くいます。

ビジネスにも観光にもレンタカーは便利なので年々利用者が増えているそうです。

なのでネットのレンタカーサイトも充実しています。

なかでもレンタカー仙台空港というサイトが人気なのでおすすめです。

その理由は格安で気に入ったレンタカーが見つかると評判になっているからです。

観光、ビジネスに関わらず、一度利用してみるといいと思いますよ。

石垣島での美しく、神秘的なダイビング

数年前、石垣島に行き、ダイビングを体験したことがあります。

石垣島空港でレンタカーを借りて目的の海岸へまっしぐらに走りました。

レンタカーは石垣島に行く前にレンタカー石垣島というサイトで予約をしておきました。

そして海岸に到着するとそこは透き通る海、キラキラと太陽の光を反射する水面、照りつける太陽。

全てが最高のロケーションでした。

ウエットスーツを着用し、指定の場所へ行くとインストラクターの女性が待っていてくれました。

実際に海へ潜るための練習を2、3度行い、いざ、ダイビング。

ばしゃんと海の中へ潜ると一面に広がるのは見たことのない海の世界。

タンクに入っている空気の吸い込みすぎで苦しくなりそうになりながらも、必死に呼吸を整えます。

そんな私の都合はつゆ知らず、色とりどりの魚たちは悠然と泳いでいます。

彼らの世界を垣間観れた気がして、とても嬉しくなりました。

インストラクターさんに連れられ、私たちも泳ぎます。

様々な岩、魚、イソギンチャク。海の中の神秘を体感したひと時でした。

終わり間際、インストラクターさんがあるものを手に取り、見せてくださいました。

それはおみやげ屋さんでよく目にする「星の砂」でした。

細かくとても小さいものでしたが、それは確かに「星」でした。

もう5年も前になりますが、この時の星を私は未だに鮮明に目に焼き付いています。

海面にあがると、あんなにも遠く感じた太陽がやけに近く感じ、さっきまでいたはずの海の中が遠い世界のように感じました。

美しく、神秘的な世界はとても幻想的でした。

また石垣島に行ったら必ずダイビングをしたいと思っています。

軽井沢おもちゃ王国に行ってきた!

子供が楽しめる旅行をと考え、軽井沢にあるおもちゃ王国に行ってきました。

子供は男の子です。ホテルはすぐ近くにあるグリーンプラザホテルに泊まりました。

ホテルの部屋も種類があり、息子が喜びそうなおもちゃの部屋にしました。

部屋につくなりおもちゃにくいつき遊び始める息子を見て、ここにして良かったと思いました。

お風呂もホテルにある大浴場に息子と一緒に入りに行きました。

ベビー用のボディーソープやお風呂用の椅子が用意されてありお風呂は少し不安だったのですが安心しました。

もともとお風呂好きの息子なのでいろいろなお風呂に入れてとても楽しんでいる様子でした。

ホテルのバイキングもたくさん種類があり赤ちゃん用の離乳食の用意もありました。

小さい子供連れの家族が多く、少しうるさくなってしまってもあまり気にしなくても大丈夫な様子でした。

ホテルのサービスを利用しておもちゃ王国のチケットを購入しました。

おもちゃ王国は雪遊びができると思って楽しみにしていたのですが残念なことに時期が良くなかったようで溶けけけていてべちゃべちゃので固まってしまった雪でした。

遊園地も雪遊び時期はお休みだったので親としてはテンション下がってしまったのですが、初めての雪遊びに喜んではくれたので良かったです。

是非また行きたいので、次は園内のスケジュールと時期をしっかり考え行きたいと思います。